スクラムマスターとサッカー監督の仕事について

先日受講したScrumの研修で、スクラムマスターはサーバント・リーダシップが求められる仕事と教わり、ふとサッカー女子日本代表(いわゆるなでしこジャパン)監督の佐々木則夫氏を連想した。
昨日のロンドン五輪サッカー決勝では惜しくもアメリカに敗れたものの銀メダルという好成績、ワールドカップでは優勝に導き FIFAの最優秀監督賞を獲得した名将である。

佐々木監督の著作「なでしこ力 さあ、一緒に世界一になろう!」(人に貸したので手元にない)やその他メディアの記事(ネタ元がみつからないw)に書いてあったという記憶を頼りに挙げてみる

  • 横並びの視点:監督と選手の間に上下関係を作らず、同じ目線でフレンドリーに接する。選手からふざけて「ノリオ」と呼ばれたりすることもあるらしい。しかし選手にナメられるわけではなく尊敬されるほどの実力(分析力、指導力)があるということ。著書を読んでも、とても選手やチームメンバに対する気配りが伺える
  • コーチング:試合前後の分析など、佐々木監督は選手に「課題」を与えるが、「答え」は教えないという。選手がビデオを分析して自分たちで答えを出す。監督は選手たちの答えに「よし、わかった」と承認する。
    • サッカーもソフトウェア開発も試合やプロジェクトが終わるまでは(もしくは終わっても)正解は誰も分からない。監督や誰かから答えを教わって(指示されて)プレーしても、サッカーもソフトウェア開発も開始前の計画の通りに進むなんてことはないし、とりわけサッカーにおいてはタイムアウトをとって監督の指示を聞くこともできないから、自分たちの判断でプレーしなくてはならない。そういう意味で、佐々木監督の構築するチームは、サッカーをプレーするための究極の自己組織化されたチームだ。
  • 「なでしこ力」にはビジネス書かよ?という小見出しも。
    • 適材適所で人の強みを活かす
    • トライ&エラー、まずは、やってみよう
    • 諦めなければ、夢はかなう
    • 肩書は部下を守るためにある
  • 社会人サッカー部の監督時代はあまり好成績ではなかった。
    • その理由はわからないけれども、自己組織化されたチームというのは選手にも相当のスキルを求められるだろうし、指示をそつなくこなすのが得意だというタイプのメンバだっているだろう。佐々木監督のメソッドはおそらくどんなチームにも万能な方法ではないし、日本の女子のトップ選手たちのあつまりである、なでしこジャパンだからこそ成立したのかもしれない。
    • ソフトウェア開発で世界一を目指すチームを構築しようと考えている人はほとんどいないと思うが、とはいえ、真に効率的で強いチームは独裁者による指示型ではないということを佐々木監督は証明してくれたと思う。

これが書かれたのはワールドカップ前。「さあ、一緒に世界一になろう」という本を出版して本当になっちゃったのだからもう驚きである。続編も出てるのでこんど読んでみるつもり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中